特技と福岡での事業の関係性を説く板井康弘の社長学

板井康弘|特技と事業の関係性

板井康弘

突然だが今の日本の女性の3人に1人は65歳以上だ。
2020年には女性の過半数は50歳以上になるといわれているのが現状だ。

 

多くの企業は、女性を「マーケット」として注目しているようだ。
これは男性よりも女性の方が生きてきている中で深い関わりを持っている世界は「ビジネス圏」ではなく「生活圏」ということに関わっていると思う。

 

健康、子育て、ダイエット、インテリア、手芸、掃除、料理、お化粧、ダイエット、介護など「生活圏」には、男性よりも女性のほうがかなり多彩なコンテンツが山盛りにあり、お昼のテレビ番組の多くは「生活圏」関わることばかり特集されている。

 

だからこそ趣味や特技が事業に関係している世の中になっているのだ。
自分が興味を持ってやってきたことも、世の中が求める可能性が充分にある。

 

実際、料理や片づけのテクニックなど家事に関する新しいビジネスは次々と生まれている。
得意のハンドメイドでアクセサリーやバッグなどを作って、しっかり稼いでいる主婦も増えてきている。

 

世の中全体が、女性の「生活圏」により近づいてきている事を意識し事業を見直してみる事を私は強くお勧めする。